着なくなった古着を寄付するときのマナー

着用しなくなった古着を寄付に出す際のマナーとは

着なくなり不要になった古着を寄付に出す場合のマナーとは

昔の人はとにかく物を大事に使ったもので、壊れたものでも直して使い続けたものですが、現在の世の中はとにかく物にあふれている時代なので物を大事にしなくなり、飽きたらすぐに捨ててしまうといった時代になってしまいました。 こうした風潮は本当は失くしたほうが良いものであり、もっと物を大事にすることが必要です。

どんどん洋服を買い足し捨てていく現代の若者

特に今使い捨てであふれているものに衣類がありますが、特に若い世代は流行の変化に合わせてどんどん服を買い足しては捨てていくという悪循環を普通に思って暮らしています。 しかし捨ててしまった物の中にはまだ着れるものがたくさんあったはずです。 流行に合わないからといって捨ててしまうのはもったいない気がします。

着なくなった洋服の処理方法とはどんなものがあるか

しかし着なくなったからといってまだ傷んでもいないものを捨てるというのはかなりもったいない行動ではないかと思います。 最近はスマートフォンでオークションに出すという方法もあるようですが、確実に売れるかどうかはわかりませんし、いっそどこかに寄付してしまうというのは有効な方法ではないかと思います。

昔は衣類は直して着たが現在は捨てている

昔の人は服を大事にしたもので、もし穴が開いたり破れがあったら繕ってずっと着続けたと言いますし、おさがりといって子供のころきれなくなった大人の服が子供たちに回ってくるという習慣もありました。
ところが現在の世の中はどこを見回しても繕った服を着ている子供等見たこともありませんし、今の子供の親もそんな服は着たことがないでしょう。
もう、衣類を大事に着続けるなんて言うのは昔話になってしまったのでしょうか。
現在の子供たちは流行に敏感で流行に合わせてどんどん買っていき飽きるか流行りでなくなったら捨ててしまうようで、服は長く着るものではなく消耗品と考えているようです。
すると行き場はゴミ箱しかないので捨てられてしまうことになります。
まだ穴も開いていないきれいな状態のものでも平気で捨てるそうですが、実にもったいないことをしているという印象ですね。
もう少し合理的に利用する方法はないものなのでしょうか。
しかし最近になって考え方もみんな変わってきたのか少しずつですが服を捨てずにもっと合理的に処分しようという方向も出てきました。
それがネットオークションで現在はスマートフォンの全盛という事もあり、スマホできなくなった洋服を撮って出品するだけで売れるそうです。
しかし、もっと有意義で世の中のためになる方法がありますが、それは慈善寄付をすることです。
世界中は日本と違って着なくなった古着でも必要としている人たちが山のようにいますのでそういった人たちに服を寄付するのは非常に尊い行動なのではないかと思います。
このサイトでは古着を寄付に出すときのマナーについて調べてみたいと思います。

▲先頭へ戻る