着なくなった古着を寄付するときのマナー

着用しなくなった古着を寄付に出す際のマナーとは

着なくなり不要になった古着を寄付に出す場合のマナーとは

昔は物を大事にしながら大切に使っていた

昔の人々は現在と違って物がない時代だったので、使っているものは大事に扱うという良い習慣がありました。
壊れても直して使えるまで使い続けて本当に大事にものを扱っていたものです。
衣類などもやぶれたり穴が開いたものは繕って大事に着続けて、さらに持ったものに関してはおさがりといって子供に着させたものです。
昔からそれが日本人の美徳だったのですが、現在はどんどん世の中が豊かになりそういった物を大事にする習慣がなくなってしまい、壊れたものはすぐに捨ててしまうという、悲しい文化になってしまいました。
衣類に関しても現在の人たちは破れたり穴が開いたりしたら、繕うなんてことはせずにすぐに捨ててしまうので、まさに使い捨てという感じになってしまったようです。

現代はモノにあふれて使い捨ての時代

今の時代はモノが世の中にあふれかえっており、選択するのも大変なことになっているので流行に合わせてどんどん買い込み、飽きたり流行から外れたらすぐに捨ててしまう人がほとんどだそうです。
特に家電製品やスマートフォン、洋服の類は買っては捨てて買っては捨てての繰り返しでまさに大量消費の時代といった感じがします。
今はお年寄りしか昔の時代を知る人がいないと思うので、若い世代やその親の世代も昔のものを大事にする時代は知らないで育っているはずなので今の使い捨ての感覚が当たり前になっている人がほとんどかと思いますが、やはり物を大量消費するだけの文化等物はあまりよろしくないのではないかと感じますので、今一度昔の良い習慣は見直す時期に入っているのではないかと思います。


▲先頭へ戻る