着なくなった古着を寄付するときのマナー

着用しなくなった古着を寄付に出す際のマナーとは

着なくなった洋服の処理方法とはどんなものがあるか

捨てるならオークションに売りに出す

洋服を例にとった場合ですが、今までの流行に合わせて大量に買い込み、流行が過ぎたら捨ててしまうという事ではなく、再利用の方向へ進むというのが正しい方向なのではないかと思います。
それには最近流行しつつあるフリーマーケットやインターネットオークションで必要な人に譲渡するといいうやり方も良い方法なのではないかと思います。
そのまま捨ててしまうのではなく、欲しい人に譲ってあげるというのも一つの資源を大事にするという考え方になるのではないかと思いますし、単に捨ててしまって焼却処理で無駄な公害を出してしまうよりは前向きな活動ではないかと思います。
また、売れることによって自分が今までした投資に何らかの見返りができるわけですから、自分にとっても有益なことではないかと思います。

どこかに寄付したほうが気分的に良いのでは

ただオークションやフリーマーケットの場合、売れるか売れないかという事になるので、どうしても売れ残りという問題が出てきます。
そこで売れ残ったものや売りに出すのが面倒な場合にはもっと有効的な方法で古着を処分することができます。
世界にはわれわれのように裕福に暮らしている人たちだけではありません。
その日暮らしできるものもままならない、また薬を買いたくても変えない人々がいます。
そうした人々の役に立つように洋服を寄付することで薬や服を着せてあげることができるのです。
ただあくまで古着なわけですから出すからにはそれなりのマナーは必要になります。
クリーニングや洗濯をして出すのは当たり前ですし、もし穴などがあれば繕って出すのはマナーといえるでしょう。
そういったところを踏まえたうえで寄付に積極的に古着を出して社会貢献と断舎利をしましょう。


▲先頭へ戻る